カテゴリー: 仮想通貨(暗号通貨)の用語

ゼロ知識証明

ある者が他者へ自分の示す事柄が正しいことを、正しいということ以外に何も伝えることなく証明するやり取りの手法。他者へのゼロ知識での証明。暗号作成で用いられる用語ですが、匿名性を持った仮想通貨、ジーキャッシュ(Zcash)やコトコイン(Kotocoin)などの「匿名通貨」で用いられてもいます。

仮想通貨の時価総額

仮想通貨の時価総額とは、株式と同様、その仮想通貨の価値の指標となるものです。仮想通貨の場合、計算方法は「通貨発行量×市場価格」で為されます。ランキング形式でまとめられていることが多く、どの通貨が注目され将来性もあるかが見て取れます。

公開鍵/秘密鍵

公開鍵は秘密鍵から作られる、取引検証のための公開された鍵です。秘密鍵は、仮想通貨を管理する上で、自分のお金だと証明する鍵になります。そのためウォレットを使用する際に渡される自分の秘密鍵は厳重な管理が求められます。公開鍵からは他人からの送金を受け取れるアドレスの生成もできます。

エアドロップ

AirDropと書き、仮想通貨に関連する文脈では無償のトークン配布を指して用いられます。エアドロップは主に、トークン保有者数の増加、知名度の向上などを目的に行われます。何らかの条件を課せられることはあっても、元手が必要なICOと比べて、利用者は手軽に手を出しやすい点が特徴です。

ローンチ

「立ち上げる、打ち上げる」の意味を持ちます。ある仮想通貨がローンチした、というのはわかりやすく言うとその仮想通貨のサービスが開始されたという意味になります。仮想通貨界隈では当たり前のように用いられていることも多いです。

チャート

グラフ等の情報の視覚的表現。文脈的にある仮想通貨銘柄のチャートと言われた場合、その銘柄の価格変動グラフを指します。トレーダーにとっては取引の目安として欠かせない要素となっています。

STO

セキュリティ・トークン・オファーリング(Security Token Offering)の略。ICOと異なり、セキュリティ(証券)としての価値を持つと米国証券取引委員会(SEC)から保証を受けたトークンが行う資金調達を指します。詐欺問題も多いICOよりも安心ですが、仮想通貨というよりも今までどおりの株式の取引に近くなるとの声も上がっています。

スケーラビリティ

直訳すると、「拡張性」を意味する語。仮想通貨では特にビットコインのスケーラビリティ問題が有名です。この問題は、1MBに規定されているブロックサイズ、つまりはシステム的な拡張性の低さに由来する取引処理の遅延、取引手数料の高騰を指しています。

投げ銭

大道芸人などへ投げて渡す金銭。仮想通貨界隈でこの用語を用いる際は、もっぱらウェブ投げ銭を指します。ウェブ投げ銭とは、主にウェブ上に無料で作品を上げている人などに仮想通貨を渡して応援することです。相手のアドレスが公開されていれば直接送ったり、Twitterを利用しているチップボットを用いて送ったりできます。